ONE WAY

kouramu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 14日

最近の雲!

中々思った様な雲が最近出てくれまへん^^;

ピーカンだったり、空一面グレーだったりね(^^;)

GW中ちょっといい雲が出ていたので!!
a0117972_20113748.jpg

EOS–1D Mark IV  EF500mm F4L IS USM x 1.4


a0117972_2012452.jpg

EOS–1D Mark IV  EF500mm F4L IS USM x 1.4


a0117972_2013333.jpg

EOS–1D Mark IV  EF500mm F4L IS USM x 1.4


a0117972_20134083.jpg

EOS 5D Mark III   EF24-105mm F4L IS USM


a0117972_2014280.jpg

EOS 5D Mark III   EF24-105mm F4L IS USM




花シリーズ
a0117972_20152060.jpg









☆オリックス          オリまた最下位で交流戦へ T-岡田復帰で巻き返す


またしてもオリックスは均衡を打ち破れなかった。
8回、好投を続けていた木佐貫が勝ち越しを許すと、反撃するチャンスも築けず敗戦。
今季3度目の同一カード3連敗を喫するとともに、4連敗の今季最多借金「8」で16日からの交流戦に突入することになった。

 「毎日こんなゲームやで。内容が悪すぎるよ」

 岡田監督が嘆くのも無理はなかった。
チャンスにあと一本が出ない…。こんなシーンが毎試合のように繰り返されている。
4回、李大浩の5号ホームランで追いつくと、続くバルディリスが左中間を破る二塁打。
勝ち越しへのムードは盛り上がったものの、北川が二ゴロに倒れ、赤田は空振り三振に終わった。

 5回1死一、二塁では大引が初球から狙っていったが三ゴロ併殺打。
「狙っていた球? そうですね。ボクが力がなかったですね」と悔しさをかみ殺した。

 投打の歯車がかみ合わず、チームは追い込まれた状態。
ただ過去2年、岡田オリックスには逆境をバネに交流戦で巻き返した実績がある。
一昨年は16勝8敗で交流戦優勝、昨年も15勝7敗2分けで交流戦前の借金「9」から息を吹き返した。
監督就任3年目でリーグ制覇を意識して臨んだシーズン、このままズルズル後退だけはできない。

 交流戦からはT―岡田が戦列復帰予定。
当初は代打の切り札として打線の起爆剤の役割を期待されている。
二度あることは三度ある―。今季も交流戦が前半戦のヤマ場となる。








☆タイガース          ブラ&マートン「母の日」にお目覚め!


デーゲームに弱いなんて言わせません!阪神が初回に速攻を決めた。
「母の日」に強いクレイグ・ブラゼル内野手の2点二塁打などで4点を先制。
九回にはマット・マートン外野手の2点打でダメ押しだ。調子に乗りきれない悩める両助っ人の活躍で快勝。貯金「2」を確保して、16日からの交流戦へ臨む。

 カギを握る2人が、Vへの第一関門をこじ開けた。
国吉をKO寸前まで追い込んだブラゼル、粘るキヨシに引導を渡したマートン。
負ければ勝率5割で交流戦を迎える大事な一戦。“マザーズデー”に、母を思う両助っ人が奮起した。







.

by kou-ramu | 2012-05-14 20:21 | 飛行機


<< 超アップで!      光の! >>