ONE WAY

kouramu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 05日

雨のやみ間に!

日曜日、降っていた雨が小降りになったので、

速攻で千里川に!  湿気も多くベイパーがって甘い考えで!!

どの機体も、全然出てないやんけ^^;

ま~だれも居ないだろうって思っていたが、

同業者が2~3人居たわ!!
a0117972_2046651.jpg



a0117972_20462165.jpg



a0117972_20463613.jpg



a0117972_20465145.jpg



a0117972_20472136.jpg







花シリーズ
a0117972_2048172.jpg











☆タイガース         8日にも自力V消滅…和田監督「何かを変えないと」


負の連鎖に歯止めがきかない。精彩を欠いた敗戦。阪神は広島に2連敗したことで昨年6月14日以来の5位へ転落した。

 前夜同様、拙守からの失点が大きく響いた。3回に失った先制点は2死二塁からの岩本の右前適時打。
ブラゼルが一塁左へのゴロをグラブに当てながら右前へ。球際を守り切れなかった。

 4回の失点は記録上も明確な失策が原因。
1死から三塁右を襲ったゴロを新井が飛び付いて好捕しながら一塁送球が高くそれた。広いファウルゾーンを転がる様は前夜最終回に逆転を許した振り逃げ暴投とも重なる。
打者走者、菊池に三塁まで進まれ、続く石原の4球目に岩田が暴投。無安打で得点を与えた。

 「うーん。防げる点だった。最初の2点はね。毎日何とか悪い流れを断ち切りたいとやっているけど、なかなかねえ」

 和田監督はもどかしい思いを隠さない。反撃を期待した打線も今井に3安打。
「あれくらいの球は投げてくるとミーティングでも話していた。ちょっと、とらえきれなかった」。
5回以降の出塁は鳥谷の1四球のみ。反発力が影を潜めた。











☆オリックス          李大浩 リーグトップ46打点 足で稼いだ来日初内野安打


自然体で打席に立った。初回、野中、後藤の連打で築いた1死一、三塁の好機。オリックス・李大浩はいとも簡単に右翼へ先制の犠飛を打ち上げた。

 「正直、外野フライを意識していた。最初(来日当初)は、こういう場面でヒットを狙いすぎてうまくいかなかったけれど、今は余裕が出てきて犠牲フライでいいと思っている」

 先制犠飛で今季45打点目。西武の中村と並んでいたが、一歩先んじ打点トップに躍り出た。

 主砲が口火を切れば2回は伊藤が中犠飛、3回には後藤が左犠飛と、3イニング連続犠牲フライで着々とリードを広げた。
チームにとって1試合3犠飛は5月5日の日本ハム戦以来だが、3イニング連続となると92年7月28日の近鉄戦までさかのぼる。










.

by kou-ramu | 2012-07-05 20:52 | 飛行機


<< 光のシャワー!!      雨粒ラスト! >>