2014年 05月 10日

綺麗に焼けた空!

a0117972_205157.jpg









☆タイガース          能見踏ん張れず…7回4失点で3敗目

勝負どころで阪神のエースが崩れた。
1‐1同点の七回。先頭の阿部に与えた四球から試合が暗転した。
ロペスの左翼二塁打で1死二、三塁。打席には勝負強い長野だ。

 一塁はあいていたが、ベンチは勝負を選択した。
「一応、監督に確認をとって勝負になった」と中西投手コーチが振り返った場面。
能見も「勝負は勝負なので」と迷いはなかった。
だが、3球続けたチェンジアップを狙われた。
長野の打球はしぶとく三遊間を破り、勝ち越し点を献上。
さらに、代打井端の適時内野安打と坂本の中犠飛で3失点。
巨人打線にワンチャンスをモノにされた。
「先頭の四球やね」と能見。和田監督も「兆候があるとすればそこかな。ただそれまでよかっただけにね」
と先頭阿部への四球を嘆いた。

 序盤はテンポよく快調に飛ばした。
フライアウトを重ね、塁上に1人の走者も許さない。「いつも通りの感じでいった」と五回2死までパーフェクト。それだけに、変化球を狙われた六回以降の投球が悔やまれる。

 能見は今季早くも3度目の巨人戦の登板。
これで12年9月から12カード連続となった。
今季3敗目を喫したが、今年も打倒巨人のキーマンに変わりはない。
まだ5月だ。
リベンジの機会は残っている。







.

by kou-ramu | 2014-05-10 20:08 | 飛行機


<< 夕日!      夕日と! >>