2014年 06月 30日

サムライブルー!

だいぶ前から飛んでいたのですが、やっと撮影できました!!

日本代表はもう帰ってきてるのですが、

記念の意味で撮影できて良かった!!
a0117972_20344033.jpg


a0117972_20345096.jpg







☆タイガース         最悪の和田虎4位転落劇

目を覆いたくなる惨劇だった。
阪神はエースの能見篤史投手が初回、1イニングの自己ワーストとなる8点を失うなどで大敗。
昨年6月以来となる5連敗を喫し、4位に転落した。
能見は左脇腹の異変を訴え三回途中で降板と、今後に不安を残した。

 まさかの光景は、立ち上がりの投球だけではなかった。
「異変」を残して降板した能見に、スタンドが騒然とする。
2回2/3を9失点(自責点は5)の結果に加えて、試合後に発覚したのは左脇腹付近のアクシデント。
和田監督が明かした。
「脇腹だね。伸ばしたのか違和感なのか、(症状も含めて)今は分からない」

 三回だった。9点目を奪われ、2死三塁からルナにストレートの四球を与えて森野を迎えた場面。
能見が藤井をマウンドに呼んだ。
少し言葉を交わすと、藤井がベンチに目をやり、中西投手コーチが駆け寄った。
能見自身が左脇腹を気にするしぐさも見せた中、そこで降板が決まった。

 その後、能見は最後までベンチで試合を見守った。

試合後、これ以上投げてひどくなることも考えたかという問いに「そういうのもある。いろいろある。
何の異変かな」と答えた。
どこから投球に影響があったかは不明で、試合前からかという問いには「違う」と否定。
ただ、中西投手コーチは「ボールが浮いたところをやられた。
ブルペンでも良くなかった。
今日だけじゃないけど」と振り返った。調子も良くなく、それが結果にも出てしまった。

 初回、先頭からの3連打で1点を先制された。
なおも無死一、三塁から、ルナに初球を左中間席に運ばれる3ランを浴びた。
続く森野に二塁打を許すと、そこから失策も絡んで計8失点を喫した。

 1イニング8失点は自己ワースト。
次回について、能見は「それは俺に聞かないで」と話すにとどめたが、
黒田ヘッドコーチは「(今後は)明日の状態を見てから」と話した。
状態次第では出場選手登録抹消も視野に入れて、見極めていく。

 チームは昨年9月以来の甲子園5連敗で、4月5日以来のBクラス転落に。
ため息に満ち、「まさか」が続いた不測の事態。
能見は「(早期降板が)最近多いので迷惑かけっぱなしです」と反省。
仮に軽傷でなければ、チームにとってさらに重みを増す1敗となる。







.

by kou-ramu | 2014-06-30 20:38 | 飛行機


<< マクロレンズで!      人生初めて入った所? >>