ONE WAY

kouramu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:EF70-200mm F2.8L IS II ( 51 ) タグの人気記事


2013年 07月 30日

黒雲!

この後土砂降りに(-_-;)
a0117972_19433485.jpg


a0117972_19434564.jpg












☆タイガース            久保昇格8・2G戦有力…まずは中継ぎ!!


2軍調整中の阪神・久保康友投手が29日、

早ければ8月2日の巨人戦から1軍に合流する可能性があることが分かった。

すでに2軍で実戦復帰を果たしており、あとは状態を確認して判断される。


 「東京ドームかマツダ」と中西投手コーチ。

久保は28日のウエスタン・広島戦に中継ぎで登板して、打者2人を無安打に抑えた。

次回は、30、31日に2連戦となるウエスタン・オリックス戦で、いずれかに登板することが濃厚だ。


 その登板内容次第で、8月2日の巨人3連戦か、

8月6日からの広島3連戦からの合流になるかが決まるもようだ。

昇格となれば、いきなり抑えに固定するのではなく、中継ぎの一角として起用されることになりそうだ。










.

by kou-ramu | 2013-07-30 19:48 | 飛行機
2013年 07月 11日

おぉ~~久しぶり!

1D Xが帰ってきたので、70-200mm F2.8L IS IIを付けて

久しぶりに、甲くん良夢くんを撮影!

写真撮ろうとすると、いつも離れていくワンコ達!

今日は何故か近づいてくるので、直ぐに最短距離の中に(-_-;)

ピントが合わんじゃないか^^;

せっかく2人そろっていい感じだったのにね!
a0117972_19562282.jpg


後は、一人ずつ撮影!
a0117972_19565234.jpg


良夢はポーズしてくれた!!
a0117972_19571934.jpg










☆タイガース          防御率トップのスタン1カ月ぶり勝った


防御率トップの阪神・スタンリッジも“沖縄連勝”の立役者だ。

南国の心地良い風を受けて、スタンリッジが投打に躍動した。

投げては7回4安打1失点。打っては来日初のマルチ安打で5勝目を手にした。


 「今日はラッキーな日だったね。ピッチングでは思うように投げられなかったけれど、いろんな場面でラッキーだった。

また、野手の皆さんが援護してくれたので助かりました」

序盤は我慢を続けた。

初めて上がった沖縄セルラースタジアム那覇のマウンド。

8日の練習で「軟らかくて低い」と印象を口にしていたがどうもしっくりこない。

序盤は左足の踏み出す位置を何度もスパイクで直した。

それでも、「ギリギリなんとかアジャストできたよ」。

イニングを重ねるごとに順応した。この日の勝利で地方球場は6勝負けなし。

沖縄でも“ミスター地方球場”の底力を見せつけた。







.

by kou-ramu | 2013-07-11 20:03 | ペット
2013年 07月 07日

だんだんと!

今日は朝から消防の訓練日!

朝一撮影は、やんぺして昼から炎天下の時に出撃!

1D Xはリコールでキャノンさんに送っているので、

7Dと5D Mark IIIで!!

北の空いい感じの雲が出ていた。

夏に向かってモクモク雲がドンドン出て欲しいもんですな!!
a0117972_17452137.jpg


a0117972_1746060.jpg








☆タイガース           単独3位連続出場の鳥谷自ら祝砲


阪神・鳥谷が、松井秀喜を抜いて単独3位となる1251試合連続出場の偉業を、自らのバットで祝った。

 0‐0で迎えた六回、1死走者なしの場面で、

今季3戦3敗と大の苦手としている前田健から右中間へ先制の5号ソロ。

マエケンに対する連続無得点も28イニングでストップさせ、

5月26日以来の5勝目を目指すルーキー・藤浪を援護した。








.

by kou-ramu | 2013-07-07 20:00 | 飛行機
2013年 06月 22日

月と!

夕方少し晴れてきたので、夕日狙いで千里川土手に!

六甲の方は、雲が掛かっていて夕日は拝めず^^;

でも、東南の方からお月さんが上がってきていたので、

A滑走路に降りてくる機体と!!

どれがカッチョいいかな?
a0117972_1932773.jpg


a0117972_19323723.jpg


a0117972_19323537.jpg


a0117972_19331560.jpg


a0117972_19331526.jpg


今日はカメラマン、メチャ多かった!

お爺さん・お婆さん(もちろん一眼レフカメラ持って)・空見ちゃん・・・・・・!

まだまだ真ん中位にも沢山のカメラマンが!!

最後帰りしなに、丁度飛行機飛んできたので、パチリと!

プロペラ機撮影した後だったので、SSが遅く機体がブレてるがな^^;
a0117972_19395957.jpg







☆タイガース       対 DeNA  4回裏 4-1 で負けています!

 
     タイガース、何故かこの回まで気迫が全然感じられないね(-_-;)

by kou-ramu | 2013-06-22 19:45 | 飛行機
2013年 05月 24日

チョット早いが!

もう少ししたらいい感じの夕日だったのだが、

高さはこの位が丁度いい!!
a0117972_20142947.jpg








☆タイガース          和田阪神、首位浮上のカギは捕手にあり


46試合を終え阪神は26勝18敗2分。

巨人の独走を許さず、2ゲーム差の2位。

4月12日に4連勝で2位に浮上して以来、好位置をキープしている。

その要因はリーグトップのチーム打率・266が表すように強力打線にある。

本塁打は31本と多くはないが、セ2位の31盗塁と足を絡めたつなぎの野球で得点を稼いできた。

一方で投手陣もチーム防御率は2.98とセ・トップを誇る。


 ここに疑問が生じる。

チーム打率、防御率がトップなのになぜ2位なのか。

今後、巨人を追撃する上で、キーとなりそうなウイークポイントが浮かび上がってきた。


 チームのセーブ数は7。

これはリーグ最少だ。

藤川球児のメジャー移籍から危ぶまれてきた絶対的守護神の不在。

チームが快走する中で、それほど目立ってはいないが、数字としてはきっちり表れていた。

7セーブの内訳は久保が6と筒井が1。

今季、先発から抑えに変わった久保。

18試合に投げ防御率3.43は2軍落ちしているDeNAの山口よりも悪い。

ただ、前任者が特別だっただけで、転向したばかりの久保に同じ活躍を求める方が酷である。


 ならば、問題はどこにあるのか。

実は試合終盤の捕手のリードにある。

今季のチーム被本塁打は37本。

セ4位と取り立てて多いわけではない。

ここで注目したいのは試合の終盤、七~九回での被本塁打の数だ。

実に11本を数える。

この中には大差で負けている試合もある。しかし、点差を守って逃げ切れない要因の一つにもなっている。

 5月22日のロッテ戦では2点リードの九回に久保が井口に2ランを浴び、同点に追い付かれた。

結果は延長十二回の末、引き分け。

一発だけは絶対に打たれてはならない場面でインコースのストレートを左翼席に運ばれた。

その配球に疑問が残る。


 プロ野球の世界で捕手はコーチから「七~九回は絶対に本塁打を打たれてはならない」と教え込まれる。

試合の終盤に右打者ならレフト、左打者ならライトにホームランを打たれれば、

サインを出した捕手は首脳陣からこっぴどくしかられる。

それはホームランを打たれる可能性が高い真ん中から内側の球を投げさせたからだ。

逆に右打者ならライト、左打者ならレフトに運ばれた場合は「打者がうまかった。

仕方ない」と怒られることはないという。

 リーグトップの防御率を導き出したのは藤井彰をはじめとする捕手陣であることは間違いない。

しかし、巨人を追い越すためには、試合終盤のリードに細心の注意を払わねばならない。

それこそが、首位浮上のカギであると見る。









.

by kou-ramu | 2013-05-24 20:22 | 飛行機
2013年 05月 23日

夕日と!

a0117972_1946186.jpg


a0117972_19473024.jpg







☆タイガース          虎5点差守れず…5時間12分悪夢ドロー


負けなかったからよかった…。いや、勝てた試合だった。

阪神が最大5点リードを追いつかれて、セ・パ、交流戦合わせて今季最長となる5時間12分、

延長十二回を引き分けた。

2点リードの九回に守護神、久保康友投手がロッテ・井口に同点2ランを打たれた。

今季延長戦は5度目で無敗(3勝2分け)だが、17安打しながら得点の好機を逃すなど、課題を残した試合となった。


 願っても戻らない時計の針が恨めしい。

勝利の可能性が消えた延長十二回裏。

必死に声をからし、タテジマの背中を押し続けたファンが次々に席を立った。

マリンの落とし穴‐。

5点差を守り切れなかった5時間12分のドロー劇。

敗北感に似た徒労感が猛虎ベンチを包んだ。







.

by kou-ramu | 2013-05-23 19:50 | 飛行機
2013年 05月 15日

ラ・ソーラより!

夕日と飛行機雲と飛行機
a0117972_1813811.jpg







☆タイガース           関西ダービー初戦は阪神の完封負け(-_-;)


関西ダービー初戦は阪神の完封負けとなった。

打線はオリックス先発・ディクソンに対して、走者を出しながらも、あと一本が出ず。

ツーシーム、カットボールなどの変化球を捉え切れなかった。


 先発のスタンリッジは好投したものの、五回1死から坂口に右越えソロを浴びた。

これが決勝点となり、オリックスは5連勝を決めた。

「追い込まれていたんで何とか食らいついていこうと思った」と坂口。

大観衆の甲子園については「たくさんのファンの中で野球ができることは、野球選手にとって幸せなこと」と

話していた。

by kou-ramu | 2013-05-15 18:16 | 飛行機
2013年 05月 13日

これではパパラッチ出来ないな^^;

昨日の夜に松山からの帰阪するタイガースの選手を伊丹空港で!!

飛行機で昨日帰ってくるのは2人程って情報も!

でも誰かわからんが一応伊丹に!!

初め外人が出てきたって思っただけだったが

よく見るとマートンだった!

全然野球選手とは思えない様な感じだったので見逃す所だった(^^;)
a0117972_2055124.jpg


次は、現在解説者の浜中!

なんかマートンより目立ってたな!
a0117972_20562121.jpg


え~~この2人だけぇ~(-_-;)

って思っていたら、 ↑ の浜中の後ろにかすかにスーツの袖が見えているのが

鳥谷 敬選手だった(^_-)
a0117972_2103846.jpg


直ぐ近くにあるタクシー乗り場に向かったのでパパも追っかけ(-_-;)

鳥ちゃん、何人かにサインしていたが、少年がボールを差し出した時

すんませんって感じで断ってタクシーに!!

あと一人位してあげたらよかったのにね!
a0117972_21636100.jpg


 ↑ こんなピンぼけ写真じゃパパラッチ出来んな^^;

a0117972_2173630.jpg



でも、タクシー乗り場は暗かったので、ISOはオートにしていたので、だいぶ高感度になっていました!








☆タイガース          “母の日男”新井V2ラン!逆転6連勝


母の日のプレゼントは決勝2ラン。

阪神・新井貴浩内野手が同点に追いついた八回に左翼スタンドへ放り込む豪快な6号2ラン。

10試合連続安打に3度目の猛打賞、絶好調男がチームを5年ぶりの6連勝へ導いた。

この勢いで14日からの交流戦もパ・リーグ相手に大暴れや。


 いつもありがとう

支えてくれる人への感謝を込めたこん身の一振りだった。

母の日。

新井が松山の空に勝利への懸け橋を描き、猛虎を5年ぶりの6連勝へ導いた。









.

by kou-ramu | 2013-05-13 21:15 | タイガース
2013年 05月 07日

夕日の位置!

昨日は、機体の前に夕日持ってきたが、

今日は後ろに!!
a0117972_19412232.jpg


夕日が低い位置になってくると、前よりも後ろの方がいいかもね!

機体が小さい方がいいかも!
a0117972_19431060.jpg


a0117972_19434058.jpg









☆タイガース           阪神・新井が2年ぶりの3試合連続弾(^_-)


今日は、藤井彰の1号ソロ・新井貴が3試合連で2本だ!!

今日はウキウキだ!! 

このままいってくれよ(^_^)v  

by kou-ramu | 2013-05-07 19:58 | 飛行機
2013年 05月 06日

夕日

昨日の夕日凄く綺麗かった!

少しゴーストが^^;
a0117972_9473615.jpg









☆タイガース          新井兄弟の驚弾競演で藤浪黒星消した!


敗戦の中に見えた光明‐。

猛虎の粘り、そして意地。それを凝縮した新井兄弟の一撃。

ゴールデンウイークに詰めかけた4万6185人の脳裏に、その豪快な弾道をしっかりと刻み込んだ。


 ここまで3連勝中の藤浪が、五回に3失点。

序盤の好機を逸した猛虎打線は、六回まで沈黙を続けた。

今季は、このまま敗北を喫する試合も多い。

ここまでか…。

その空気を切り裂いたのが、新井のバットだ。

七回。

ヤクルト・八木が制球を乱し、2四球で無死一、二塁。

ここで新井が2球目の内角直球を豪快に振り抜くと、白球はバックスクリーンへと飛び込んだ。

叫びにも似た歓声が渦巻く熱狂の聖地。

新井は一塁を回ると、右こぶしを握り、そして力強く掲げた。


 劇的な2号同点3ラン。

「狙ってはいないけど、積極的に行こうと思った」

最後のひと伸びを与えたのは、新井の気持ちだ。

「(藤浪)晋太郎が頑張って、粘り強く投げていましたから」。


 1つの流れが生まれた。

再び2点を勝ち越された八回。

今度は弟・良太が2死三塁で2番手・石山の外角直球を一閃だ。

「いつも通り、センター返しを心掛けた」。

兄の弾道を追うような打球が、バックスクリーン右へ消えた。

今季初の兄弟アベック弾。

「マートンと兄貴の打球も戻されていた。入るとは思わなかった」

強風などものともしない。

和田監督、そしてファンが求めてきた強い猛虎。

一端が、そこに見えた








.

by kou-ramu | 2013-05-06 09:52 | 飛行機