ONE WAY

kouramu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 06日

服部緑地の梅 Ⅳ

今日は、朝・昼共に用事があり撮影全く行けなかったわ(-_-;)

なので、またまた”梅”です。
a0117972_2164963.jpg

a0117972_2171013.jpg



☆オリックス   坂口、右足首痛め交代…岡田監督「骨とかは大丈夫みたい」

  オリックスの坂口が4回の打席で、一ゴロでの走塁の際に右足首を痛めて途中交代した。
一塁手のブランコ、ベースカバーに入ってきたネルソンとの接触を避けようとして足をひねった。

 エース金子千、北川ら故障者が続出している。岡田監督は「明日検査する。
骨とかは大丈夫みたい」と心配していなかった。

    *李スンヨプ“1号”開幕に照準「大切なのはそこだけ」

  オリックスの李スンヨプが4回にオープン戦1号のソロ本塁打を放った。
5日までのオープン戦3試合で打率1割と不振だったが「状態は悪くないと思っていた」と
落ち着いていた。

 5回にも右翼線に二塁打を放ち、調子は上向いてきた。
「シーズンの開幕に合わせて準備をしていく。大切なのはそこだけ」と浮かれる様子は全くなかった。





☆タイガース   俊介 サヨナラ二塁打で猛アピール(^_-)

  阪神は中堅手の定位置を狙う俊介がサヨナラ二塁打を含む2安打でアピールした。

 9回に2―2と追い付き、なお2死一、二塁の場面。横浜の抑え、山口の真っすぐを
迷いなく振り抜いた。「いい感じで打てた」と俊介。
真弓監督も「ああいうところで打ってくれるといいね。オープン戦だから負けていいということはない」とうなずいた。

 プロ1年目の昨季は、124試合に出場したものの打率2割5分5厘と打撃が課題だった。
そのため、キャンプではトップの位置を意識して連日バットを振り込んだ。
オープン戦ではこの日も含めて3割6分8厘と好調。「しっかり振れていることが結果につながっていると思う」と手応えを感じている。

   

by kou-ramu | 2011-03-06 21:16 |


<< いい場所??      服部緑地の梅 Ⅲ >>