ONE WAY

kouramu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 04日

雨粒ラスト!

この3枚が、今回のお気に入り!!
a0117972_1954937.jpg



a0117972_19543599.jpg



a0117972_19544767.jpg







花シリーズ
a0117972_19554831.jpg











☆オリックス          後藤、口火2ラン!オリ、4回今季初5連打で快勝


岡田オリックスが炎の5連打で日本ハムに快勝した。
今季7度目の観戦となった宮内義彦オーナーも「連打って気持ちがいいね」と笑顔で振り返ったのは4回の攻撃だ。
1死から大引が右前打で出塁。続く後藤は真ん中高めにきた武田勝のスライダーを右翼席中段まで放り込んだ。「うまく反応できた」。ゲームキャプテンの9試合ぶり一発が起爆剤だった。

 勢いは加速する。李大浩が右前打で出塁。4番が10試合連続安打を放つと、
バルディリスは外のチェンジアップをとらえ、左中間二塁打を放った。
二、三塁の絶好機で今度はT―岡田の番だ。甘く入ったシュートを仕留め、右翼線二塁打。
2者が生還した。「チャンスでしたし、積極的にいくことを考えていました。いい場面で打つことができた」。チームの5打席連続安打は今季初だ。











☆タイガース          勝ったと思ったのに…広島と肉薄0・5差 (-_-;)


抑えと正捕手の不在。阪神は2つの弱点をあらためて露呈した。
9回2死無走者から逆転負けを喫した和田監督は「ちょっと考えられないことが起きている」と信じられないような表情だった。

 守護神・藤川の代役を務める2年目左腕・榎田は「2死から落ち着いて投げられれば良かったかなとは思う。(重盗で)二、三塁にした結果がああなった。あそこまでいく前に抑えないと」とうつむいた。
正捕手の藤井彰は1日に右脇腹付近を痛めて欠場。
代わりにマスクをかぶった小宮山は「ノーバウンド。僕が捕れなかっただけ」と責任を背負い込んだ。

 これで5位・広島に0・5ゲーム差と肉薄された。指揮官は「チームがガタッといかないように、何度でも気を引き締めないといけない」と厳しい表情で言った。














.

by kou-ramu | 2012-07-04 20:08 |


<< 雨のやみ間に!      雨粒 Ⅲ !! >>