ONE WAY

kouramu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 23日

万博のチューリップⅤ

a0117972_18285626.jpg

a0117972_1829127.jpg

a0117972_18293715.jpg








☆タイガース            新井の逆襲!代打V打で虎4連勝

決めた。4‐4の八回1死満塁、代打で登場した阪神・新井貴浩内野手が左前に殊勲の勝ち越し打を放った。ここまで代打中心の起用が続いている元4番が、意地の一打でチームを今季2度目の4連勝、
今季最多の貯金6に導いた。
頼れる男は、開幕から22試合連続出塁を記録したゴメスだけじゃない。

 新井がたった1球で試合を決めた。
同点の八回。1死満塁で代打のコールを受けた。
その初球、制球の定まらない田島の浮いた直球を迷わずたたき、三遊間を破った。
値千金の「1」が電光掲示板に刻まれる。
藤浪が喫した七回の失点をかき消し、大歓声を浴びた。

「今までと違って今年は反応できるから。どんどん振っていこうと。それしか考えてなかった」。
追い込まれるまでに勝負をつける。これが、新しい新井の攻撃スタイルだ。

 「お前、何型だ?」。この問い掛けからすべては始まった。
今春の沖縄キャンプ。
評論家として宜野座を訪れていた広島時代の同僚、前田智徳氏と打撃論を交わした。
「何型?血液型のことじゃないよな…」。
現役時代、親密な付き合いのなかった前田氏が穏やかな口調で語り始めた。

 「新井は足の内側とつま先に重心があるタイプだな。
このタイプは軸足に体重を残すことを意識し過ぎないほうが、うまくいくんよ。
前に突っ込むことを恐れんでええから」。








.

by kou-ramu | 2014-04-23 18:33 |


<< 万博のチューリップⅥ      万博のチューリップⅣ >>